企業情報

沿革

1917年
艦船ボイラ、産業諸機械の国産化に伴う伸銅工場として、(株)神戸製鋼所門司工場を新設
1929年
アルミブラス管開発
1940年
海岸地帯に浜工場を増設
1959年
復水管専門工場完成
1974年
復水管の増産体制確立
1976年
チタン熱交換器開発
1980年
キュプロニッケル管の増産体制確立
1982年
モールド量産体制確立
1983年
静水圧押出製品の生産開始
1984年
溝付二重管式熱交換器開発
1988年
神戸製鋼から分離し、門司伸管工業(株)と統合
名称変更して神鋼メタルプロダクツ(株)として発足
1989年
フェロコチューブ生産開始
1991年
モールド専門工場完成
1997年
500T大径管用抽伸機設置
1995年
最新型ローフィン転造機増設
2001年
eテーパモールド開発
2007年
エコアクション21認定取得
2019年
ISO9001 QMS認証取得
沿革1 沿革2 沿革3 沿革4